神奈川県相模原市・藤沢市でクロスバイク/ロードバイク/マウンテンバイクの販売・修理&整備・オーバーホール・カーボン補修・塗装・中古車を取り扱いしております。
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English


TREK(トレック)2021/2022年モデルの最新情報(ロードバイク・クロスバイク・MTB/マウンテンバイク・Project One/プロジェクトワン)を最速公開!

Emonda(エモンダ) / Madone(マドン) / Domane(ドマーネ) / FX / MTB / Eバイク / Project One(プロジェクトワン・オーダーメイド) / 子供車など、TREK(トレック)2021/2022年モデルのロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・Eバイク・キッズバイク情報をみなさまにお届けするページです。
ニュースはもちろんですが、

価格
・スペック情報(カラー/重量/コンポーネント/ホイール)
・試乗に関する情報
・車体レビュー/インプレッション
・Project One(プロジェクトワン/オーダーメイド/フレームセット)
・旧モデルのお得情報(セール等)

などを初心者のかたにもわかりやすくまとめています。

情報を先取りしたいかた、こまめに訪問してください!!

■目次(赤・青文字クリックで該当箇所にとびます)

トレックの2022年モデル発表!変更モデル一覧と傾向をまとめます!(2021/09/01更新)

・2022年ロードバイク/クロスバイク/マウンテンバイク最新情報
 1.ロードバイク(2021/09/01 2022モデル最速発表)
  ・Emonda (エモンダ/軽量オールラウンドロード)
      ・Madone (マドン/エアロロード)
  ・Domane (ドマーネ/エンデュランスロード)
  ・Checkpoint (チェックポイント/グラベルロード/未舗装走破可能モデル)
  ・セミオーダーシステム「Project One(プロジェクトワン)」

 2.クロスバイク(2021/07/30 2022モデル最速発表)
      ・FX1 Disc / FX2 Disc / FX3 Disc / FX4 Disc (ディスクブレーキ搭載)
  ・FX Sport (高性能フラットバーロード)
  ・DS (MTBスタイル)

 3.マウンテンバイク(2021/07/30 2022モデル最速発表)
 
 ・Marlin (マーリン/エントリーモデル)
  ・X-Caliber (エクスカリバー/ミドルモデル)
  ・Roscoe7 (ロスコー7/ミドルモデル)

 4.E-BIKE(電動アシスト)(2021/07/30 2022モデル最速発表)
      ・Verve+ 2 (バーブプラス 2/シティ向けクロスバイク)
  ・ALLANT+8 , ALLANT+ 8 Stagger ( 最新アシストユニット搭載シティ向けクロスバイク)
  ・PowerFly 5 (パワーフライ 5
 / スポーツ走行可能アルミニウムハードテイルeMTB)
  ・Rail 5 (レイル 5 / TREK初アルミフレームフルサスeMTB)
  ・Rail 9.7 (レイル 9.7 / 日本初カーボンフルサスeMTB)

 5.キッズバイク(子ども用自転車) (2021/07/30 2022モデル最速発表)

・2019/2020年モデル情報+アーカイブ

 

トレックの2022年モデルの情報解禁!確定モデルを一覧化しました

TREK 2022モデルは全面解禁だが、一部は9月に追加発表有!

TREK(トレック)2022年モデルのロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・E-BIKE・子供車情報が解禁されました!

各モデルの詳細は本ページを読み進めてもらえれば分かるようになっておりますが、まずはどのモデルが変更されたのか一覧化しましたのでご覧ください!

※情報掲載時、2022年モデルについて言及がないモデルは掲載しておりません。情報が分かり次第、掲載するようにしております。

■2022モデルが発表されたロードバイク(2021/9/1現在)

車体モデル名 主な変更点
Madone SLRシリーズ カラーリング、新型シマノ12速コンポ(R9200/R8100)追加
Emonda SLRシリーズ カラーリング、新型シマノ12速コンポ(R9200/R8100)追加
Domane SLRシリーズ カラーリング、新型シマノ12速コンポ(R9200/R8100)追加
Madone SL6 カラーリング、マイナーチェンジ
Emonda SL6 継続
Domane SL6 カラーリング,チューブレスタイヤ標準装備
Emonda SL5 継続
Domane SL5 カラーリング,チューブレスタイヤ標準装備
Emonda ALR5 継続
Emonda ALR4 継続
Domane AL4 継続
Domane AL3 継続
Domane AL2 Disc 継続
Domane AL2 Rim 継続

 

■2022年モデルが発表されたクロスバイク(2021/9/1現在)

車体モデル名  主な変更点
FX 4 Disc ラインナップ除外
FX 3 Disc 変速パーツモデルチェンジ
FX 2 Disc 変速パーツモデルチェンジ
FX 1 Disc 変速パーツモデルチェンジ
Dual Sport3 変速パーツモデルチェンジ
Dual Sport2 変速パーツモデルチェンジ

 

■2022年モデルが発表されたマウンテンバイク(2021/07/30現在)

車体モデル名  主な変更点
Fuel EX 9.8 パーツ一部変更
Fuel EX 9.7 ドライブトレイン変更(SHIMANO)
Fuel EX 8 ドライブトレイン変更(SHIMANO)
Fuel EX 5 パーツ一部変更
Procaliber 9.6 カラーチェンジ
Procaliber 9.5 カラーチェンジ
ROSCOE 8 新モデル、フルモデルチェンジ
ROSCOE 7 フルモデルチェンジ
X-Caliber 9 パーツ一部変更
(Fサスペンション&ドロッパーシートポスト)
X-Caliber 8 ドライブトレイン変更
X-Caliber 7 ラインナップ除外
Marlin 8 新モデル
Marlin 7 カラーリング
Marlin 6 ドライブトレイン変更

 

■2022年モデルが発表されたE-BIKE(電動アシスト車)(2021/09/06現在)

車体モデル名  主な変更点
Rail 5 カラーリング
Powerfly 5 カラーリング
Allant+ 8 継続
Verve+ 2 継続

 

■2022年モデルが発表されたKIDS BIKE(子供車)(2021/07/30現在)

車体モデル名  主な変更点
Precaliber 24 継続
Precaliber 20 継続
Precaliber 16 継続
Kickster 継続

 

 

■主要車種別の最新情報 (詳細な変更点などはこちら)

 

 

 

 

上記バナーをクリックいただくと、該当リンク先ページに進みます。

 

  

ロードバイク「Emonda(エモンダ) / Domane(ドマーネ) / Madone(マドン)」他の2022年モデル最新&展示・試乗情報

The 2018 Trek Madonepic by ©kramon

トレックの2022年モデルロードバイクの最新情報(ラインナップ/価格/特徴/カラー/スペック/重量etc…)を掲載しています!
フルモデルチェンジされた「Emonda(エモンダ)」はもちろん、「Madone(マドン)」「Domane(ドマーネ)」「Checkpoint(チェックポイント)」などの最新情報も随時更新しておりますので、チェックをお願いします!


 

1.Emonda(エモンダ/軽量オールラウンドロード)

s-Emonda_Blue_Chroma_Portrait

 

2021モデルで軽量特化のEmondaがついにエアロ形状へと進化し、活躍の場がさらに広がりました。
若干の重量増となりましたが、そのデメリットを上回る空力性能を発揮します。
トップモデルはもちろん、30万円台から手に入る「Emonda SLシリーズ」は初心者~上級者まで満足できるようなハイコストパフォーマンスに仕上がっています。

 

 
↑詳細な最新情報(車体カラー・価格・スペック等)はこちら

Emonda SLR(2022モデル一部発表済)

EmondaSLR9DiscEtap_21_33140_B_Primary

 

世界最高峰クラスの軽量セミエアロロードバイク。同価格帯のモデルの中で、最軽量クラスの車体として仕上がります。
また究極のオールラウンダーとしての特性も備えているため、平地・登り・ロングライド全てをまんべんなく楽しみたい!とお考えで、他のモデルと迷うならエモンダをお勧めします!

「新型デュラエースDi2」「新型アルテグラDi2」がともに12速仕様で発売されたため、プロジェクトワンオーダーおよびそれに準ずる新パーツ搭載モデルは「パーツモデルチェンジ」ということになります。(2021年9月1日更新)

 

 



■トピックス

 ・エアロ形状を獲得 → 空力性能を上げることで、登坂・平地問わずスピードを出しての走行が可能になりました。ケーブル類もほとんどがフレーム内部に収まり、すっきりとした見た目も獲得しています。
 ・800シリーズOCLVカーボン → 低空隙率を実現したOCLVカーボンがより気密性を高めて進化しました。要所要所に使用することで、硬すぎず柔らかすぎずの絶妙な乗り心地を実現しました。

 

 

Emonda SL(2021モデルから継続)

TREK エモンダ SL5 Disc / Carbon Blue Smoke/Metallic Blue

フレーム・フロントフォークがカーボンでできている「フルカーボン」のエントリー&ミドルモデルとして人気が最も高い「Emonda SL」シリーズもディスクロード化が強くすすめられています。中でも「Emonda SL5(エモンダ SL5)」は105搭載車として高い人気を誇っています。

2022年モデルはカラー、仕様ともに2021年モデルを継続するとなっておりますが、シマノコンポーネントについては新型仕様の追加発表があるかもしれません。

 

 

Emonda ALR(2022モデル→2021からの継続)

TREK エモンダ ALR 5 Disc / Purple Abyss

 

2022年モデルは、ほぼ同じ仕様のまま継続モデルとなります。カラーリングについても変更はありません。

エモンダALR4については、現時点の予約分以降は確保が難しいかもしれません。店頭で予約オーダーしている分を契約していただいて、入荷を待つスタイルをおすすめいたします。

 


 

2.Madone(マドン / エアロロード)

Madone_Red_Chrome_DS_Front
Project One(プロジェクトワン)で12速仕様のSram eTAP AXSも手に入ります!

マドンシリーズは「究極の空力抵抗軽減」を狙った、ハイスピードで走ることのできるエアロロードバイクとして仕上がっています。2022モデルについても一部発表され、基本的には2021モデルと変更は無しとなっております。

 

「新型デュラエースDi2」「新型アルテグラDi2」がともに12速仕様で発売されたため、プロジェクトワンオーダーおよびそれに準ずる新パーツ搭載モデルは「パーツモデルチェンジ」ということになります。(2021年9月1日更新)

 

 

 

 


↑詳細な最新情報(車体カラー・価格・スペック等)はこちら

Madone SLR Disc(2022モデル一部発表済)

MadoneSLR9eTap_22_35745_B_Primary

 

世界最高峰クラスのエアロロードバイク。全モデルでディスクブレーキを採用。オプションで「DHバー」を装着したり、お気に入りのハンドルやステムを装着できるコンバージョンキットも販売中です。

一方でカラーは全面的に変わっており、チームレプリカカラーやPROJECT ONE ICONなど、豊富なカラーラインナップから自分だけの一大を見つけ出すことができます!



■トピックス

 ・2021モデルからフレーム設計に大きな変更点なし。→BBはT47仕様へ変更済み

 ・2022モデルのPROJECT ONEでは、新型のAeolus(アイオロス)ホイールをセレクト可能。

 

※今回の試乗は2019モデルですが、BBを除く部分は2022モデルと同じ仕様です。ご参照ください。

 

 

 

Madone SL Disc(2022モデル発表済)

MadoneSL6_22_35177_B_PrimaryMadoneSL6_22_35177_A_Primary

 

最上位グレードのMadone SLRと同じシステム(調整式ISO Speed、専用シートポスト)を採用しつつ、カーボングレードをホビーライダーにとってバランスの良い「OCLV500」シリーズに変更した高コストパフォーマンスモデル。シマノアルテグラで構成され、ディープリムホイールを装着。BBはBB90→T47へと変更されたマイナーチェンジが行われました

 

 


 

3.Domane(ドマーネ/エンデュランスロード)

Trek_Domane_June19_RAW_186_mr

世代としては最も新しい「エンデュランスロード」と呼ばれるカテゴリの車体で、快適性を追求したモデル。その扱いやすさからこれから本格的なロードバイクでのサイクリングを楽しみたいと考えているかたに最適な一台です。フレームデザインが完全に新しくなった「第3世代」モデルでは、走行性能が格段にUPし、ますます使いやすい仕上がりとなっています。

↑詳細な最新情報(車体カラー・価格・スペック等)はこちら

 ■Domane SLR(2022モデル発表済)

DomaneSLR7_TrekBlack_Quicksilver-Anthrac

2020年モデルで変化を遂げたロードバイクです。Domane 第3世代の中でも最も革新的な技術を投入したTREKのフラグシップモデル。「調整スライダー式 IsoSpeed」による状況に合わせた衝撃吸収能力のコントロールはライダーそれぞれにチューニングされた完璧なバイクを生み出します。

 

2021年8月28日更新:2022モデルが発表されました!フレームの構造に変更がなく、カラーリングと一部パーツが変更となる見込みとなっております。

「新型デュラエースDi2」「新型アルテグラDi2」がともに12速仕様で発売されたため、プロジェクトワンオーダーおよびそれに準ずる新パーツ搭載モデルは「パーツモデルチェンジ」ということになります。(2021年9月1日更新)

 



■トピックス

 ・エアロ形状フレーム → セミエアロ形状&ケーブルマネジメントの見直しを図り、シャープなルックスへ変化。
 ・オンロード~グラベルまで対応できる万能性 → 700x38cタイヤでも余裕のあるクリアランスとなっており、ピュアなロードバイクとしても、グラベルロードとしても対応できるオールラウンドな車体となりました。
 ・小物がフレームの中に収納可能 → 自転車内に補修部品やチューブなどを収納でき、スタイリッシュさと低重心化を実現。

 

Domane SL(2022モデル発表済)

DomaneSL5_22_35298_A_Primary

 

ピュアなロードバイクのイメージは崩さず、700x38cのボリュームタイヤも装着可能で、遊びの幅が広がったドマーネSLシリーズは、2022年モデルの基本コンセプトに変更はありません。

カラーリングはガラッと変更があり、落ち着いた大人の雰囲気のカラーリングからホワイトにホログラムロゴを用いた、エネルギッシュなカラーなども用意されています。

装備品で特徴的なのは、SLグレード全車種において「チューブレスタイヤ」を標準装備しました柔軟な空気圧管理が出来たり、乗り心地に変化を与えられる部分に注力しています。

 

Domane AL Disc / Domane AL(2022モデル→2021からのモデル継続)

DomaneAL4Disc_211 DomaneAL3Disc_212 
DomaneAL2Disc_212 DomaneAL2_212

エントリーライダー向けの製品としてDomaneの扱いやすさを継承したアルミフレームロードバイク。2021年モデルではCheckpointの仕様を継承したディスクブレーキモデルが登場しました。
Domane AL2は従来のリムブレーキ仕様があり、価格も10万円以下でTREKのロードバイクの良さを実感できる仕上がりとなっています。実用的な用途にロードバイクを使用したいかたには特にオススメの車体です。

ドマーネALシリーズは2021モデルから、カラーリング/スペック共に継続となっております。これは現在の調達難から少しでも解消しようとする動きの一環だと思われます。

安定供給できるのはまだ先になりそうなので、2022も継続ならオーダーしようかな!と思ったかたはお早めにご予約下さいませ。

 


 

4.Checkpoint(チェックポイント/グラベルロード)(2022年モデル未発表)

SN_Checkpoint_Cali_087

2019年モデルが先行導入された後わずか1週間で完売、2020年モデルでも注目度が高く発売から間もなく完売が相次ぎ例年よりも早い春ごろに2021年モデルが先行導入されるなど今年も目が離せない新世代のロードバイク。従来の舗装路だけではなく、オフロードも走破可能となっているのですが、これまで似たカテゴリの「シクロクロス」車体とも違う車体特性が、サイクリングの場所を選ばず気になった場所を走ってみたい!と考えるライダーには最適な一台となっています。さらにキャリア等の装着にも対応するので最先端の「ツーリングバイク」としても転用できる対応力の広さが魅力の車体です。

2021年7月末現在、2022年モデルの確定情報が出ておらず、かつ新モデルの発表も行われていません。恐らくモデルチェンジがあるのでは…?とにらんでいます。

以下は2021モデル情報ですが、参考までに掲載しておきます。

 

アメリカ市場でのニュースです。

 
↑詳細な最新情報(車体カラー・価格・スペック等)はこちら

Checkpoint SL(2022モデル未発表)

CheckpointSL5_21_32558_B_Primary

チェックポイントシリーズの旗艦モデル。フルカーボン仕様で衝撃吸収性をたかめており、グラベルではもちろん、オンロードのコースもまるで従来のロードバイクのように軽快な走りを実現。これまで入ったことのない道にチャレンジできる頼もしい一台です。

Checkpoint ALR(2022モデル未発表)

Checkpoint SLのフレーム材をアルミに変更したモデル。走行性能に影響する「リアセンター」の距離感を変更できる「ストラングルホールド」はグラベルだけではなく舗装路も楽しく走れる車体へ変更できる画期的なシステムです。

 

番外編:セミオーダーシステム「Project One(プロジェクトワン)」について

Project One ICON-Refliptive_4

トレックのロードバイク・マウンテンバイク・TTバイクには「プロジェクトワン」というセミオーダーシステムを利用可能です。
※一部の車体にのみ適用されます。

これはフレームカラー(パターン&配色)、ホイール、コンポーネント、ハンドル、サドルetc.をライダーがチョイスし、世界に自分だけの一台を製作できるシステムとなっております。

上の写真にあるのは「Project One ICON」という特別なカラーパターンを適用したイメージ。ここまで強烈な個性のある車体はめったにお目にかかれません!

 プロジェクトワン特集ページへ 

 

 

 

クロスバイク「FX/ Dual Sport(デュアルスポーツ)」の2022年モデル最新&展示・試乗情報

TK18_FX_Disc_Kyoto_Japan_Kennel-5873_mr

トレックの2021年モデルクロスバイク「FX」の最新情報(ラインナップ/価格/特徴/カラー/スペック/重量)などを公開!詳しくは以下の「最新情報」リンクからご覧ください!

2021-2022_FX最新情報
 ↑詳細な最新情報(車体カラー・価格・スペック等)はこちら

 

1.FX1 Disc / FX2 Disc / FX3 Disc / FX4 Disc 2022モデル発表有り!

TK19_WEB_Marquees_3000x1688_PLP_mr

トレックのクロスバイクといえばこのモデル! 全モデルで「ディスクブレーキ」を採用し、高性能な車体に仕上がっています。2022モデルでは、FX4がラインナップ外となりましたが、FX3 Discがその役割を担うかのように、ドライブトレインの変更が施されています。

また、FX2/FX1もそれにつれた流れで変速系を一新していますよ!

FX1 Disc

FX1Disc_22_35001_A_Primary

 

トレック=高価格のイメージを完全に崩したエントリーモデル。この価格帯から「ディスクブレーキ」を搭載しています!上位モデルとは異なり、ワイヤー駆動のメカニカルタイプですが制動力はお墨付き!さらに、上位モデルと同じフレームデザインとなっているため、価格以上に高級感のある仕上がりです。通勤・通学など実用用途メインにクロスバイクをお求めのかたにピッタリです。

2022モデルは「リア変速8段」仕様に変更となり、従来のモデルに比べて起伏のある地形を走行しやすくなりました。

FX2 Disc

FX2Disc_22_35003_D_Primary

 

高級感のある「ケーブル内装(ワイヤーがフレームの中に入っている)化」に、油圧ディスクブレーキを採用しながらもリーズナブルな価格帯が魅力のFX2。クロスバイクのベーシックスペックをきっちり押さえているので、通勤・通学はもちろん、サイクリングにも幅広く対応できます!

2022モデルでは、大きな変速系の変更があり、「後ろ9速、前2速」の仕様へ変更されます。定評のあった2021モデルのFX3同様の変更はプラス要素に働き、スポーティな走りを実現するでしょう。

FX3 Disc

FX3Disc_22_35021_C_Primary

 

トレックが主力とする代表モデルのFX3 Discは「快適性と軽快な走行感」を両立したハイパフォーマンスモデルです。毎年乗り比べをしていただくと「FX3のほうが乗りやすい」「FX3のほうがしっくりくる」といったコメントを多くいただきます!秘訣は衝撃吸収性の高い「カーボンファイバー製フロントフォーク」や「FXに最適化されたハンドルバー&グリップ」、「シマノ製ブレーキ&変速システム」など品質にこだわった結果が体感されていると思います。週末のサイクリングをもっと楽しくしたい!体力がついてきたらもっと遠くへ行ってみたい!…そんな思いを叶える一台です。

2022モデルでは、FX4で好感触を得た「後10速、前1速」のドライブトレインを採用シンプルな操作系にすることで走りに集中しやすく、チェーントラブルも起きにくいという利点があります。
さらに、前年同様、パワー伝達力のある規格を採用したことにより、スポーツ走行を快適に行える車体へと進化しています。

FX4 Disc

 

前述の通り、FX4の機能的な要素はFX3へと移行したため、今期はラインナップ外となっています。

 

2.FX Sport

クロスバイクのスタイルが好きなんだけど、ロードバイクのようにサイクリングを楽しみたい!そんな欲張りな皆さま(笑)に向けたモデルがこの「FX Sports」です。2021年モデルからはフレーム素材がすべてのグレードでカーボンへと統一されました!本シリーズには以下の2モデルが登場しています。

2021年7月末現在、FX Sportの2022モデル情報が公開されていないため、参考までに2021の情報を掲載しています。

FX 4 Sport Carbon / FX 6 Sport


FX 4 Sport Carbon

FXSport6_20_28843_A_Primary
▲FX Sport 6

本格派ロードバイクのように「フルカーボンフレーム」を採用し、車体重量の軽さとパワー伝達性を高めた一台。ハイエンドモデルらしい完璧な仕上がりとなっており、峠道へのチャレンジや100㎞を超えるようなロングライドにも利用可能。さらにロードバイクが欲しくなったときはカスタムで、トレックの主力モデル「Domane」のような車体へ仕上げることも可能です!!

 

3.Dual Sport(デュアルスポーツ / MTBスタイル) 2022モデル発表有り

DualSport_Neko

2021/8/23訂正:前回更新時に「モデルラインナップ除外」と紹介しておりましたが、以下の通り2022モデルが発表されました。誤報となってしまったことをお詫びいたします。

「デュアルスポーツ」は、FXシリーズのような軽快さ重視の車体とは違った魅力をもった車体です。特にマウンテンバイクのようなフロントサスペンションを装備し、スピーディな走行ができるよう28インチ相当のホイール(700c)に、太さ約4cm(40c)のタイヤを装着。このタイヤサイズはちょっとした未舗装路も問題なく走っていけるため、自転車界の「クロスオーバーSUV」的なポジションの車体です。

本モデルも2022モデルへ移行となりました。ハイエンドモデルのDual Sport4はラインナップ外となり、ミドルグレードのDualsport3とエントリーグレードDualsport2の2車種となっています。

 

Dual Sport2

DualSport2_22_35044_B_Primary

ベーシックな性能を設定したエントリーグレードで、「FX2」と兄弟モデルにあたります。

リア変速が9速、フロント変速が2速と2022モデルでみられるスポーツ走行を意識した仕様へ変更されています。

タイヤもグラベル系の700x40cへと変更されて、悪路走破性は従来通りながらオンロードでの走行性能が高まっていると予想されます。

 

Dual Sport3

s-DualSport3_22_35104_A_Primary

s-DualSport3_22_35104_B_Primary

 

DualSportシリーズでも最も人気の高いモデルで、「FX3」の兄弟モデルにあたります。

こちらもTREKが近年進めている「クロスバイクのフロントシングル化」の波に乗っていますね。これは変速操作をよりシンプルにして、直感的な操作性と

サイクリングに集中できるバイクへ仕上げるための変更となっています。ルックスもすっきりとしたものになるので街中メインのDualSportにはぴったりの仕様だと思います。

 

 

 

 

マウンテンバイク「Marlin(マーリン) / X-Caliber(エクスカリバー) / Roscoe(ロスコー)」の2022年モデル最新情報

x-default

近年は「街でも、山でも」という両立できるモデルが人気!

トレックのマウンテンバイクのうち、「Marlin(マーリン)」や、「X-Caliber(エクスカリバー)」など、マウンテンバイクの中でも市街地とオフロード、どちらも使いやすいモデルを中心にご紹介します!




↑詳細な最新情報(車体カラー・価格・スペック等)はこちら

1.Marlin(マーリン)

x-default

マーリンはビギナー向けマウンテンバイクとして定評のあるモデルです。がっしりとしたフレームに太いタイヤを備えていてクロスバイクやロードバイクにない力強さが魅力です。ベーシックな性能は街中でも力を発揮するため、クロスバイクのような乗りかたもできるため幅広い用途で利用したいなら検討必須のバイクです!

Marlin 6 

Marlin6_22_35066_B_Primary

 

Marlin 7
Marlin7_22_33148_C_Primary 

2022年モデルは既存2カラーに加えて、新色の「Aloha Green」が登場しました

 

Marlin 8

Marlin8_21

X-Caliber 7の後継モデルとして打ち出された新モデルです。フレームこそマーリンシリーズの物を使用していますが、エアサス搭載、12速ドライブトレインなど装備は抜群で、本格的なオフロードも楽しめる仕様に仕上がっています。

 

 

2.X-Caliber(エクスカリバー)

マーリンの上位モデルにあたる本格的なハードテイルMTBの入門モデル!10万円台のマウンテンバイクとしてはフレーム設計&パーツ構成が非常に良く、思わずどこかオフロードに走りたくなってしまうかも!?特に末弟にあたる「X-Caliber 7」はエアーサスペンションを搭載し、さらにシマノ製コンポーネントでまとめられているという素晴らしい一台となっているのでお勧めです!

X-Caliber 7

 マーリン8と競合するため、2022モデルではラインナップ外となりました。

X-Caliber 8

XCaliber8_22_35069_A_PrimaryXCaliber8_22_35069_B_Primary

 

X-Caliber 9

XCaliber9_22_35112_A_Primary

 

3.Roscoe (ロスコー)

セミファットと呼ばれる、太いタイヤ(幅2.6インチ)を装着したバイクで、安定感とタイヤクッション性を高めています。2022モデルではフレームを含めたフルモデルチェンジを発表。

従来は27.5インチだったホイールサイズが29インチへと大径化し、加速性や悪路走破性をUPさせました。

 

■ROSCOE 8(新モデル)

Roscoe8_22_35117_A_Primary

 

■ROSCOE 7(新モデル)

Roscoe7_22_35116_A_Primary

 

eバイク・eMTBの2022年モデル最新情報

DS_Plus_MY19_MG_4678_mr

年々ユーザーが増える新世代の「電動アシスト」スポーツサイクル

日本では2018年頃から登場し、年々ユーザーが増えている「Eバイク(スポーツサイクル版電動アシスト車)」は、ヨーロッパで新しいカテゴリとして定着しました。160㎞というこれまでにない長距離をアシストできるだけの高効率なアシストシステムを搭載していたりするので、ご夫婦での利用、満員電車から解放される移動手段、加齢で行けなくなってしまったサイクリングスポットへいくための新車体…などなど使いかた次第で楽しめる車体です!






↑詳細な最新情報(車体カラー・価格・スペック等)はこちら

 

1.Verve + 2(バーブプラス2)(継続モデル)

Verve+2 Verve+2_Low Step

気軽な街中移動に最適なモデルとして登場したEバイクです!前後油圧ディスクブレーキを搭載し、ストレスのない操作感やスポーティすぎない乗車ポジションなど、これまでスポーツ自転車にのったことのないかたにも安心して乗れる仕上がりとなっています。小柄な方も乗りやすい、トップチューブをなくしたLowStepモデルもあります(※Sサイズのみ)!通勤・通学のような実用用途がしやすく、電動ママチャリにはない軽快な走行感が魅力の一台です!

関連リンク実用アイテムフル装備のカジュアルタイプEバイクの最新情報

 

2.Allant+ 8(アラントプラス8)(継続モデル)

allant AllantPlus8Stagger_20_30202_A_Primary

Allant+は都市部の通勤から、サイクリングに最適なeバイク2019年モデルまで欧米で販売していたSupper Commuterの後継機種に当たります。他のクロスバイク系eバイクと比べて太めのタイヤが特徴で、その太さはなんと約6cm(2.4インチ)マウンテンバイク並みの太さ!これにより舗装路・悪路どちらも難なく走行でき、さらには振動も吸収してくれるため乗り心地も抜群です!トップチューブを低めにすることで小柄な方も乗車しやすいStaggerモデルもご用意しています。

 

3.PowerFly 5(パワーフライ5)


Powerfly5_22_35402_A_Primary

Boschの新型ユニット搭載をしたアルミフレームのハードテールMTBです。トレンドの1×12ギアに、アシスト量を地形に適したモードへと自動で制御するPurionコントローラー、RockShox製120mmトラベルのサスペンションを搭載!「今までトレイルライドを楽しんでいたけど体力が…」という玄人の方から、これから本格的に始める方まで、トレイルライドをより楽しめる機能が詰まっています!

2022モデルはドライブトレインがシマノコンポーネントを採用カラーリングがブラック&レッドと街中でも使いやすい変更が施されるようです。パワーユニットは変更なしです。

 

4.Rail 5(レイル5)

Rail5Deore_22_35312_A_Primary

 

フルサスeMTBが欲しいけど、レイル9.7は厳しい…そんな痒い所に手が届くバイクが2021年モデルで登場しました。フレームは軽量アルミを使用し、TREKのMTB・Slash(スラッシュ)やRemedy(レメディ)を踏襲した仕様となっています。

2022モデルは、他のモデルでも散見されるSRAM→SHIMANOコンポーネントへの変更がみられます。パワーユニットは変更がないようです。

 

5.Rail 9.7(レイル9.7)

Rail97SLXXT_22_35314_B_Primary

 

トレック初のカーボンフレームフルサスeMTB。2020年モデルでは約1か月ほどで完売になるなど、非常に注目度が高いモデルです!ジオメトリーを工具一つで変更可能なMinoLink、ブレーキ動作時のサスペンション動作を妨げないようにする機構・ABPなど、TREKがMTBの分野で培ったテクノロジーがすべて詰め込まれています。

2022モデルは大きな変更として、Rail6やPowerfly5のようにシマノコンポーネントへの変更が実施されるようです。メインコンポーネントはXT&SLXとなっている模様。パワーユニットは他モデル同様キャリーオーバーとなって変更なしです。

 

関連リンクスポーツ走行(オフロード対応)の本格派Eバイクの最新情報

 

キッズバイク(子供向け自転車)「Kickster(キックスター) / Precaliber(プレカリバー)」の2021年モデル最新情報

Kids_Bike

2021年モデルは予約殺到!ポップなデザイン&乗り降りしやすい設計が魅力♪

トレックのキッズバイクは本国アメリカを中心に人気のアイテムでしたが、近年は日本でも注目を集めています。3歳からスタートできるストライダータイプの「キックスター」や、豊富なサイズ展開の「プレカリバー」各モデルを下記ページにてご紹介しています!

2022モデルは全面的に継続モデルとなり、在庫がかなり安定してきました。ぜひお子様への購入を検討されているかたは、店頭までお問い合わせくださいませ!





↑詳細な最新情報(車体カラー・価格・スペック等)はこちら

 

 2019/2020年モデル TREK(ロードバイク・クロスバイク)モデル情報(アーカイブ)

過去モデルの情報をまとめたページにリンクしています。現行モデルとの比較にお使いください!

 

trek_2019-2020_banner
▲TREK2020年モデル情報【アーカイブ】

trek トレック 2019 ロードバイク クロスバイク MTB
▲TREK2019年モデル情報[アーカイブ]