CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

[TREK]2020最新モデル おすすめロードバイク&クロスバイク他[初心者向け]

20190801-IMG_0272

 

トレック最大の展示会「TREK WORLD 2020」でおすすめ車体をチェックしてきました!

エントリーモデル&ミドルグレード中心にラインナップ多数!

毎年夏になると、自転車各メーカーの展示会がはじまります。今年でいえば「2020年モデル」が公開されます。今回はその中からアメリカに本拠をかまえるブランド「TREK(トレック)」の国内展示会に参加、気になる車体をチェックしてきました!

はじめての一台からステップアップ用ミドルグレードまで、初心者~中級者向けの車体を中心にご紹介いたします!

 

■目次

・スタッフイチオシ車体 / クロスバイク編
・スタッフイチオシ車体 / ロードバイク編
・スタッフイチオシ車体 / マウンテンバイク編
・人気急上昇中!? / Eバイク編

 

スタッフイチオシ車体 / クロスバイク編

定番モデル「FX3 Disc」のフレームが全面刷新(ケーブル内装化)!

 

2019モデルのクロスバイクでも最も注目を集めるのは定番の「FX」シリーズでしょう!通勤 / 通学/ フィットネス / サイクリング…と幅広い使いかたが出来るビギナー向け車体です!そこで気になった車体はこちら!

FX3Equipped_20_28898_A_Primary_mr
※一部オプションパーツが装着されたイメージ図です

 

■TREK FX3 DISC 90,200円(10%税込)

FXシリーズのラインナップ中、人気の高い「FX3」のディスクブレーキモデルです!元々人気の高い車種でしたが、今年は大型なリニューアルが施されたこともあり、すでに2020モデルで人気上位に食い込んでいる印象です!

2019モデルでは変速やブレーキのワイヤー&ホースが外に露出しているデザインでしたが、2020モデルではフレーム内に収まる「内装化」が施されました

さらにギアは上位モデルの「FX Sports」シリーズのコンセプトを一部取り込み、パワー伝達性能を向上させるようなパーツ構成など基本コンセプトにも手が加わっています。

 

 

 

スタッフイチオシ車体 / ロードバイク編

女性だけではなく男性にピッタリ!珍しいホワイトカラーのエントリーロード

この数年、ブラック系カラーの人気によりラインナップになかった「ホワイトカラー」のロードバイクが登場しました!キラっと光るシルバーロゴを差し色に、綺麗にまとまった車体をご紹介!

 

DomaneAL3WSD_23525_B_Primary (1)

 

■Domane AL3 Women's 115,500円(10%税込)

Domane AL3は2018モデルから登場し、操作性に優れた初心者向けロードバイクです。女性モデルと名付けられていますが、「50cmサイズ」なら160cm後半のかたまで乗車可能なため、男性にもおすすめします!(男性が乗車される場合、サドルやハンドルバーを交換するとより快適にご乗車になれると思います)

2019モデルからの継続となりますが、この車体は黒っぽい展開が多い中「ホワイト&シルバー」のカラーリングが用意されており、男女ともに明るい色の車体をお探しのかたへお勧めしたいモデルです!

 

本格化する「ディスクロード」にエントリーモデルが満を持して登場!

トレックの軽量ロードバイクといえば「Emonda(エモンダ)」という代表モデルですが、中でも初心者&中級者に人気なのがアルミフレームの「Emonda ALR」です。2019モデルで人気だったEmonda ALR5も健在ですが、今年より注目してもらいたいのは一つ下のモデルに当たる「Emonda ALR4」のディスクブレーキモデルです!

 

EmondaALR4Disc_20_28953_A_Primary
リア10速&油圧ディスクブレーキモデルは本格志向の方にもおすすめのセッティング

 

■Emonda ALR4 Disc 192,500円(10%税込)

トレックの主力モデルでもあるEmonda ALRにディスクブレーキを装着した車体がついに20万円を下回る価格で入手可能となりました!!

「シマノ 105」を装備したEmonda ALR5が注目されがちですが、年々進化し高性能化している「TIAGRA(ティアグラ)」をメインパーツにした本モデルはコスパ抜群! 

性能も趣味ではじめるには十分すぎるほどで、何より初心者だからこそしっかりしててほしいブレーキ周りが制動力に優れる油圧ディスクブレーキが装着されたとなればお買い得と言わざるを得ませんね!

 

今年最大の注目は「多様化」のニーズにこたえる新型ドマーネ

2020モデルを語るうえで、フルモデルチェンジを果たした「第三世代ドマーネ」のことを抜きにするわけにはいきませんね!

中でもエントリーモデルに当たる「Domane SL5」は間違いなくおすすめです!

20190726-IMG_0270
ちばサイクル各店舗に試乗車も用意しております!

 

■Domane SL5 349,800円(10%税込)

第三世代で進化したポイントを惜しみなく投入し、これまでのドマーネとは一味違う走り心地が感じられる仕上がりになっています!快適性はこれまで以上なのに、エモンダのような軽快さも兼ね備えるオールラウンドモデルに生まれ変わった本モデルは、1台のロードバイクでいろんなことを経験したいかたへ最高の選択となるでしょう!

 

スタッフイチオシ車体 / マウンテンバイク編

10万円なのに本格コースも走れちゃう?…なのに街中も快適!

XCaliber7_20_28062_B_Portrait_mr

 

■X-Caliber 7 108,900円(10%税込)

マウンテンバイクの入門モデル「Marlin(マーリン)」の一つ上にあたる「X-Caliber(エクスカリバー)」に今年はフォーカスを当てました!というのも、ご紹介している「X-Caliber7」には、この価格帯では異例となる「エアサスペンション」が搭載されています!

安価なコイル式に比べると、サスペンションの挙動を好みに応じて変化させやすくマウンテンバイクコースなどへのデビューモデルとして利用可能なスペックにまとまっています!

さらに、29インチのビッグホイールモデルが用意されているため、街中での利用をメインにしたMTBとしてもぴったり!

ルックスも非常にかっこいいと感じたので、今年一押しの車体におすすめします!

 

限定受注が一気に終了したモデルが定番化!?

Roscoe7_20_28499_A_Portrait_mr

 

■ROSCOE 7 152,900円(10%税込)

登場以来、着実に一定のファンを増やし一つのカテゴリに君臨した「ファット/セミファットバイク」のエントリーモデルが通年を通してオーダーできるようになりました!

本モデル「ロスコー」は、この2~3年は「限定受注」としてオーダーを受け付けておりましたが、受注期間がスタートするとあっという間に完売してしまう超人気車種!

がっしりとして乗り心地最高な幅太タイヤとシンプルなドライブトレインはきっと街中でも山でも活躍してくれるはずです!

 

人気急上昇中!? / Eバイク編

Eバイクのモデル掲載が現時点でありませんが、「出ない」ということではないのでご安心を!

実際、展示会場にも新モデルと思われる車体がいくつか展示されていました。しかし、正式発表までは情報公開NGとのこと…!

魅力ある製品が出てくる予定になっているのでぜひこちらもご期待ください!

 

店頭に展示車・試乗車も入荷してきています!

各タイプ別にスタッフのおすすめ車体をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ここに掲載されている車体の一部が店頭に入荷してきて、展示・試乗車として活躍中です!気になったかたは、下に設置したリンクから展示車両を確認して、ちばサイクル各店舗へ足を運んでみてくださいね!(店長・東)

リンク:ちばサイクル各店舗の展示車一覧