CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

クロスバイクのブレーキをアップグレードしよう!

top

愛車のブレーキシュー、交換時期を迎えていませんか?

自転車に乗っていれば必ず使用するブレーキ。 
ブレーキをかけるためのゴム部分(ブレーキシューといいます)は使うたびに磨耗していくので乗車距離に応じて、通常使用で約1年、雨の日もガッツリ乗ってます!という方は3ヶ月くらいで交換、なんて方もいらっしゃるようです。
そんな短いスパンで交換していたら、ランニングコストがかさんで維持が大変になってしまいますよね。そこでひとつご提案です。

tektoro
写真のようなねじ切りタイプのブレーキシューがついているのなら、シマノ製品へのブレーキ本体交換がオススメ!
なぜならシマノ製品はブレーキシューがカートリッジタイプになっていて、より安価にシュー部分を交換できるからです。

では、いったいどれくらいランニングコストが抑えられるのか?ブレーキシューを前後とも交換した場合で算出してみましょう。

ねじ切りタイプのブレーキシュー交換


ブレーキシュー 1,884円(片側:942円)


交換工賃 1080円(片側:540円)


合計 2,964円

 

シマノ製(カートリッジタイプ)のブレーキシュー交換

ブレーキシュー 1,238円(片側:619円)


交換工賃 1,080円


合計 2,238円

 

差額は646円となりました。これは結構大きいですね!

安くなるのはわかったけど、ブレーキ本体はいくらなのか?ちばサイクルオススメのシマノ製ブレーキ2種の値段を見てみましょう。

 

IMG_0087

モデル名:Deore(デオーレ) 4,950円(片側:2,475円)
コストを抑えつつも、制動力UPするならこちらがおすすめ!


IMG_0084

モデル名:XT 8,078円(片側:4,039円)
クロスバイク用ブレーキの最上位グレード。Deoreよりも制動力があがります!


シマノ製ブレーキには、さらに以下のようなメリットもあります。

①性能アップ!

制動力がアップするので通常走行時はもちろん、緊急時でもしっかりと車体を止めることができます。

②ブレーキシューの磨耗が減る!

ゴム部分本体の対磨耗性があがるので、値段が下がるだけではなく交換頻度も減らすことができます!

③見た目がかっこいい!

やはり見た目は大事。すっきりとしたデザインでかっこよく見えます!

 

デメリットは初期搭載コストがかかる以外はなし!そろそろブレーキシュー交換時期かな…という方は交換を検討されてみてはいかがでしょうか?