CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

[新製品情報]ボントレガーの空気入れがリニューアル!

20180905_134437

ボントレガーの空気入れ定番モデルがリニューアル!

スポーツ自転車にはかかせない「空気入れ」何気なく使っているツールです。しかし最新モデルはこれまでのものより、使いやすくなっている部分がたくさんあり、長らく同じ空気入れを使っているなら以下のポイントをチェックしてください!

関連記事:Bontrager Dual Charger(デュアルチャージャー・フロアポンプ)がスゴい!!

 

20180905_134531

1.空気入れゲージが大きくなり、見やすくなりました!

今回ご紹介するポンプ「Charger(チャージャー)」の特徴は、空気圧ゲージの文字も大きく、作業中もかなり見やすくなりました。ちなみにゲージの直径は前作モデルにくらべ、2cmほど大きくなっています。最大空気圧まで160psiまで対応するため、各種スポーツ自転車のメンテナンスに使用できます。

また、体重をかけてポンピングしやすいようにポンプを足で押さえるためのベースが大きくなり、ベース表面には滑り止めのグリップも配置されました。ロードバイクのように高圧までポンプする際も安定して力をかけることができます。

 

20180905_134642

2.仏・米・英の各バルブに対応!家の自転車丸ごと管理できます!

スポーツ自転車向けの空気入れは、ママチャリによく使われている「英式バルブ」には対応しないか、アタッチメントが必要なモデルがほとんどでした。今回のチャージャーは、バルブの差込口が2種類用意されています。これにより自転車に使われる3タイプのバルブすべてにアタッチメントなしで対応できるようになっています!

お買い物用に使っているママチャリも、ゲージを使用して適性空気圧を設定できますので家族からの信頼感もUP!?(笑)

※気づいていないかたも多いですが、ママチャリのタイヤにも適正空気圧があり、タイヤサイドに表記もございますので確認してみてくださいね。

 

13891_C_1_Floor_Pump_Replacement_Parts

今までより空気がはいりづらい…そんなことありませんか?

スポーツ自転車に使う空気入れは、7気圧前後と非常に高圧まで取り扱うのでバルブと接触するパッキン類をはじめ、経年変化を起こします。

■空気を入れても漏れてくる
■以前と比べて、たくさんポンピングしないと適正空気圧まであがらなくなった
■空気圧計の数値がずれている気がする

などの症状があるようであれば、修理が必要な時期かもしれません。空気入れは、長らく使用することがおおいため、すでに廃盤となっている場合は買い替えも視野に入れてみてくださいね!

ちなみに、今回ご紹介したチャージャーポンプは結構細かいパーツまで入手可能なので、使用頻度が高いかたにもおすすめです!

 

 

商品情報

ボントレガー チャージャーフロアポンプ

BontragerChargerEUNEW_22691_A_Primary

 

販売価格 4,500円(8%税込)
最大空気圧 160psi
対応バルブ 仏式
米式
英式
カラー ブラックのみ