CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

メンテナンス

ガラスコーティング

自転車向け塗装に最適なガラスコーティング施工中の写真

フレーム表面に、高い硬度をもったわずか0.1mmほどの皮膜を形成します。施工後のフレームは塗装硬度が3倍にもなるのでキズが入りにくくなり、また水や汚れ落ちも良くなるので日頃のお手入れがとても簡単になります。新車ご購入時に8割を超える皆さまからご依頼をいただいているちばサイクルのガラスコーティング。オーバーホール時の再コーティングも効果的ですので、クオリティーの高い塗装を維持するためにもぜひご利用ください。

 

ガラスコーティング施工中の写真2


施工手順

1:フレームからすべてのパーツを取り外します。
2:不要な部分にコーティング剤が付着しないよう、マスキング処理を行います。
3:コーティング剤の定着効果を高めるために、脱脂処理を行います。
4:クリスタルガラスコーティング溶液を丁寧に塗っていきます。
5:水分反応で硬化促進させるために、きれいな濡れた布地で軽くなでるように拭きます。
6:完全硬化まで表面に触れない状態で保管します。
7:残った塗りムラは表面仕上剤にて仕上げ処理します。
8:処理完了。組立作業へ移行します。

料金・納期

施行料金:10,800円(8%税込)
納期:1日~1週間程度

※他店ご購入の自転車へのガラスコーティングもお受けいたします。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
※ガラスコーティングのみご依頼の際は、フレーム完全清掃のもとでお持込ください。
※納期は車体の状態により、変動します。

[関連リンク]新車の輝きをいつまでも!ガラスコーティング