CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

Precision Fit(プレシジョンフィット)ペダルとサドル高について

ペダルを変えるとサドル高も変わる

Rd_Race_Tri_Iron_Man_S_1_17_27

今回からは「ペダルとサドル高の関係性」についてお話しします。

様々な専用ペダルがあります

先日もお話しした「専用ペダルとビンディングシューズ」では、シューズについて書きましたが、「専用ペダル」も各メーカーからさまざまなものがリリースされています。一部紹介したいと思います。

・SPD-SL

DSC_5690

Shimanoが販売しているこちらのペダル。プロレーサーのために開発された経緯のあるこちらのモデルは、今ではホビーサイクリストにも愛用者が多い商品です。

・SPEEDPLAY

DSC_5689

他メーカーのペダルと比べて、薄く、小さい形状が特徴的なモデル。膝への負担を減らす独自機構も搭載し、現在ではプロアスリートからホビーライダーまで使用者は多岐に渡ります。

・XPRESSO、XPRO

DSC_5694

カーボン素材を使用するなど、「軽さ」にもこだわったTIMEのペダル。こちらも膝への負担を軽減する独自機構を搭載しており、ホビーライダーにもおすすめのペダルです。

何故ペダルを変えると、サドル高も変わるのか?

専用ペダルとビンディングシューズを利用する場合、シューズに「クリート」と呼ばれる器具を取り付ける必要があります。この「クリート」とペダルをはめ込むことにより、シューズとペダルが固定されます。
この器具は各メーカーごとに専用品が作られており、「厚み」や「形状」も異なります。

DSC_5691
(右)SPD-SLのクリート。(左)SPEEDPLAYのクリート。

そのため、ペダルを変えると、ペダリング時の足の角度も違いがでるため、サドル高の変更が必要になります。では各メーカーごとに、サドル高にどれほどの違いがでてくるのか?こちらは次回検証したいと思います。

プレシジョンフィットについてはこちらから