CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

Precision Fit(プレシジョンフィット)TTバイクのポジションについて

今までのブログでは主に「ロードバイク」のポジションについてお話してきましたが、今回は「TT(タイムトライアル)バイク」のポジションについてです。

TTバイクとは

一定の距離を最速のスピードを出し、最短の時間で走ることを想定して作られたバイクです。ツール・ド・フランスなどのレースでのタイムトライアルでも使用されている他、トライアスロンで使用されることも多いバイクです。トレックではSpeed Concept(スピードコンセプト)シリーズがこれに該当します。

ロードバイクとの違いは多くありますが、一番の特長はハンドル周りです。ブルホーンハンドルと呼ばれるハンドルとDHバーが装着されていて4本の角がバイクから生えているような独特な見た目をしています。さらにそのハンドルの上に肘を置くアームレストがあり、乗車フォームも同じく見るからに速そうな独特なものとなります。

Race_Giro_0284274_1_edit

アームレストに肘を固定し、DHバーを握るこのようなフォームで乗車をするのが一般的です。

ロードバイクと同じポジションが最適なのか

ロードバイクにお乗りの方がセカンドバイクやトライアスロンに向けてTTバイクをお選びいただくことが多いのですが、サドル高やサドル前後位置、ステム長やハンドル落差など乗車フォームに関わる部分全ての最適値はロードバイクと異なります。
すなわち、お持ちのロードバイクと同じポジションにあわせてもピッタリな乗車フォームは作り出すことができません。

WATSON_00004704-074_edit

横から見ると、サドルの前側のほうに座るポジションであったり、乗車フォームもかなり前傾になっているのが見てとれます。ロードバイクをお持ちの方でもTTバイクはそれにあわせたフィッティングが必要になり、Precision FitではTTバイク用のフィッティングメニューもご用意しています。

では実際、バイク乗車時のサドル高など、それぞれの最適な数値をPrecision Fitではどのように計測していくのか。次回からお話していきたいと思います。

Precision Fitについてはこちらから