CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

ボントレガーライト「Ion Pro RT」ガーミンと連動&連続充電機能付

2018-IMG_0789

最大1300ルーメンでの照射が可能な高性能フロントライト

近年、安全のためのツールとして「フロントライト」が注目を集めています。夜間では路面を照らすヘッドライトとして、そして日中は自動車や歩行者へ存在をアピールするデイライトとして…という風に自転車に乗るときに欠かせないアイテムになっています。

Bontrager(ボントレガー)の「Ion 800R」「Ion 450R」はロードバイクやクロスバイク/マウンテンバイク向けのフロントライトとして非常に評価が高く人気ですが、今回は最新モデルにあたる「Ion Pro RT」をご紹介したいと思います!

関連記事:ボントレガー(Ion&Flare)のかしこい選び方とは?

 

ライトの大きさ&重量をチェック!

2018-IMG_0793

コンパクトなボディは継続!

近年の高性能ライトは大型になりつつあるなか、見た目をすっきりさせたいかたには不向きな形状をしていることが多いですね。

1300ルーメンと大幅に性能UPを果たしたIon Pro RT。果たしてサイズは変わったのでしょうか?

実物を計測してみたところ、全長は約10cmでした!また、上の写真のように、コンパクトと評価されていた「Ion 800R」と並べて写真を撮ってみたところ、ほとんど大きさに差はありません。

またボディーカラーがホワイトからブラックへ変更されたことや、全体的にエッジの効いた形状へ変更したことで見た目もすっきりとした印象です。

一方で、ボディの厚みは少々増したようにも見受けられます。とはいえ、1000ルーメンを超えるライトではかなりコンパクトな部類に入ると思います。

■他社ライトとのサイズ比較

モデル名 寸法(長さx幅x高さ(mm))
Bontrager Ion Pro RT 104 x 30 x 34 mm
Cateye Volt800 116 x 31 x 43 mm
Cateye Volt1700 119 x 56 x 47 mm
BlackBrun COUNTDOWN1600 105 x 48 x n/a mm(高さ不明)

 

高性能化で重量増!?

2018-IMG_0795

Ion Pro RTはバッテリー部分も高性能化しています。そのため、重量増は避けられない…と思っていました。気になったので重量を実測してみたところ146グラムでした。

ちなみにIon 800Rは121グラムと約25グラムの重量増という結果になります。しかし思ったほどではありませんでした。

さて他社のライトと比較した場合もチェックしてみましょう!

■他社ライトとの重量比較

モデル名 重量
Bontrager Ion Pro RT 146グラム
Cateye Volt800 140グラム
Cateye Volt1700 256グラム
BlackBrun COUNTDOWN1600 240グラム

 

次の項目では、Ion Pro RTのもつ「連携性能」についてご紹介したいと思います!

 

サイクルコンピュータとライトが連携!?

Germinと連携させてみました!

Ion Pro RTは「Transmitr(トランスミッター)」というリモートスイッチと無線通信ができる機能を有しています。この通信機能を応用することによって「Garmin製サイクルコンピュータ」と連携させることができるのです!

まずは実際に連携している様子を見てもらおうと思います!

 

この通り、サイクルコンピュータを電源ON!するとライトも同時についてくれるという便利機能が使えるようになります。サイクリストの使用率が高いGarminで実現できるという点もポイント高いですよね!

機種にもよりますが、トレーニングページから電源をON/OFFしたり、照射モードを変更することも可能になっています!

 

1300ルーメンはどれくらい明るいのか?

Ion Pro RTが誇る「1300ルーメン照射」は、はたしてどれくらい明るいのか。今回は中級クラスの「Ion 450R」と比較してみました!

夜になったところで地元のサイクリングロードに向かい、真っ暗な道を照らしてみました!

 

Ionpro_vs_Ion450
なるべく同じ位置とまったく同じ設定で撮影した後、それぞれの画像を交互に表示してみました

 

上の写真で見比べてもらうとわかりますが、Ion 450Rに比べるとIon Proは照射範囲が広く、奥行きもかなり明るいことがわかると思います。撮影場所までの行きと帰りでライトを入れ替えてみましたがIon Pro RTのほうが安心感が強いですね。特に街灯が少なくなるポイントではかなりの差を感じました。

ちなみに比較対象のIon 450Rを私自身、通勤用に使っていましたがこれまでの自転車用ライトにくらべるとかなり明るいんです!しかしそれを大幅に上回るということでIon Pro RTは大幅に性能向上していることがわかります。

 

店頭に入荷してきています!

当初は品薄状態だった在庫も安定し、現在店頭で入手可能となりました!この記事を読んで製品が気になったかた、サンプルもご用意しておりますので店頭でその性能を体感してみて下さい!(店長・東)

 

製品情報

BontragerIonProRT_22466_A_Hero

Bontrager Ion Pro RT(ボントレガーイオンプロRT)

 

カラー ブラック(艶消し)
サイズ 104 x 30 x 34 mm
重量 146グラム
ライトモード / 駆動時間

[点灯]1300LM / 1.5時間
[点灯]800LM / 3時間
[点灯]450LM / 6時間
[点滅]ナイトモード / 26時間
[点滅]デイモード / 22時間

バッテリー容量 4800mAh
通信機能 ANT+対応
(一部サイクルコンピュータと連携可)
価格 16,900円(8%税込)